アンサンブルありきの、キレと密度を重視したサウンドメイク

FOR RECORDING

ドラムセットが部屋と一体になる調整

私たちのチームでは、スネアやタム類などの単品を重視した調整ではなく、共鳴や共振も含めて、セット全体を一つの楽器として調整します。
また部屋の反射音や共振も「ドラムセットを構成する楽器の一部」と捉え、
「音という空気振動が淀みなく流れる」ように、サウンドメイクを致します。

また代表の池田が開発した技術、MOCT (Material Overtone Controle Technic)により、シェルやフープのピッチをヘッドと同じように調整することで、「音楽的で静かな音場」を整え、不要なハーモニクスの発生を極力抑えます。
 
その結果、位相干渉が原因の音痩せが少なくなり、少ないマイクでの「密度のある太い空気振動」の集音が可能になります。

また楽曲のキーやコード構成、それと全体のタイムスケジュールも考慮しながら、「ミュージシャンだけでなく、クルーやスタッフも笑顔の現場」を目指し、作品作りのお手伝いをさせて頂きます。

PAST WORKS

NHK福岡ドラマ「ユー メイ ドリーム」劇中曲
「バッドマン」「ユー・メイ・ドリーム」
演奏:シーナ&ロケッツ

 

THE YELLOW MONKEY アルバム「9999」より
「この恋のかけら」「毛皮のコートのブルース」
(Link to Apple Music)

 

グッドモーニングアメリカ 
アルバム「!!!!YEAH!!!!」
(Link to Apple Music)

 

mol-74 (モルカルマイナスナナジュウヨン)
1st full album「mol-74」
ギター・ベースサウンドも担当しました。
(ドラムテックアシスタント:北村優一氏)

 

 

NICO Touches the Walls
EP「TWISTER」
Advance Setup and Treatment
(Link to Apple Music)

go!go!vanillas
「スタンドバイミー」
Advance Setup and Treatment